経営的アドバイス相談

エキスパートバンク(技術基盤強化支援事業)

 新たに創業したり、新商品の開発、生産、商品の新たな生産方式の導入その他新たな事業活動を実施することに対し、創業支援、経営革新のお手伝いをいたします。
 事業者に対し県や国では中小企業経営革新支援法に基づき各種施策があります。最近の産業界は、消費者のニーズの多様化・技術水準の高度化など、大きく変化しております。この中で小規模企業にとっては技術・経営上の立ち遅れが目立っているのが現状であります。「エキスパートバンク(技術基盤強化支援事業)」制度はこうした技術・技能面での対策にお困りの小規模企業に、直接、エキスパート(専門家)を派遣し、具体的・実践的な指導・助言により、問題解決を図っていく制度です。
 また、契約や営業権、売掛金回収等の法律相談も受け付けています。

経営革新支援

 チャレンジする中小企業の経営革新(新たな取り組みによる経営の向上)を全業種にわたって幅広く支援することにより、中小企業の創意ある向上発展を図ることを目的としています。
 中小企業経営革新支援事業は、経済的環境の変化に即応して中小企業が行う経営革新を支援するための措置を講ずることにより、中小企業の新たな事業活動の促進を図り、もって国民経済の健全な発展に資することを目的としています。

 

★経営革新支援センターのHP

 

★承認後の支援策

 

★経営革新支援(中小企業庁)

 

中小企業経営革新支援法

 

 経営革新計画(ビジネスプラン)を作成して、福岡県知事等に申請し、承認を得た中小企業者に対して、重点的かつ積極的な支援策を講じます

 

創業相談

 

 起業を準備段階からサポート。起業・創業、第二創業や独立、ベンチャービジネスの立ち上げを志す方を支援します。

 

農商工連携

 

 05年度(平成17年度)の「新連携支援」は分野の異なる事業者同士が手を組み、新事業を生み出す仕組み。07年度(平成19年度)に始動した「地域資源活用」ではあらためて地域を見直し、またデザイナーなどプロの力も借りながら、新たな事業を生み出す仕組み。

 

事業承継

 

  新現役チャレンジ支援(全国規模の国の事業です)

 

 経営課題を抱える中小企業や、ベンチャー企業に対して、大企業・中堅企業や公的研究機関等を退職されたOB(=新現役人材)とのマッチングを通して、課題解決等の支援を図っていくものです。